日本維新の会 埼玉総支部の最新情報をチェックしよう!

ごあいさつMessage

日本維新の会は古い政治に対する国民の怒りから発足した政党です。

日本維新の会は、一部の人間、一部の組織だけが甘い汁を吸うような古い政治を絶対に許しません。

日本維新の会は常に住民が納得のいく政策の実現を指向します。そのためには、まずは政治家自身が自分に厳しくあるべきです。

事実、2011年の選挙で57議席を獲得し大阪府議会の過半数を超える議席を獲得した際に、維新の会がすぐに行ったことが議員定数の削減です。109あった議席を21議席削減し定数を88にしました。議席を減らすということは次の選挙で勝つ可能性が低くなり、自分や仲間の首を切ることにも繋がります。そのため古い政治家には絶対にやれないことです。これを何の躊躇いもなくやってのけるのが維新の会です。それだけに留まらず議員報酬の30%をカットしました。維新の会は議員特権を許さない政党です。維新の会が広がれば全国的にこういったことが広がっていきます。

また、情報の徹底した公開は民主主義の根幹であります。昨年、問題になった「文通費」に関しても2014年から自主的に使途の公開を行っています。この領収書の公開を行っているのは日本維新の会だけです。

今後も公正で公平な社会を実現できるよう尽力いたします。

立候補予定者(市政対策委員)のご紹介

共通政策Policy

子育て教育

  • 子どもの機会は平等であるべきです。子どもの可能性を広げられるさいたま市を目指します。
  • 他市で実施済みの習い事に対する助成制度をさいたま市では所得制限を設けず受けられるよう政策提言を行います。
  • また子育て世代の経済的負担を軽減できるよう、給食費の無償化等の実現も目指します。

医療・福祉

  • 高齢化社会に対応し、一人ひとりが健康で安心して暮らし続けられるさいたま市を創造します。
  • 高齢者が健康で元気に過ごすため、自治会や地域包括支援センターなどと連携を密に行い、介護予防対策の一体的な実施を促進します。

経済成長

  • リモートワークが進む中、東京に本社を置く必要が無くなっています。さいたま市は災害に強く、賃料を抑えられ、尚且つ交通利便性も高く必要に応じて都内にもすぐに出られます。地の利を活かした企業誘致で新たな雇用を生み地域経済の活性を目指します。

行財政改革

  • 最小の経費で最大の市民サービスを実現するため、はじめに議員報酬の20%カットを提案いたします。
  • その後、不要なところを見直し必要なところに税金を投入し、市民サービスの向上を目指します。

お知らせ